FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

反省してます

2010/09/03 Fri 13:38

此の度は、私の不謹慎な文章により多くの方の誤解と憤り、そして御不快の念をおかけいたしたことを深くお詫び申し上げます。
愚・ゲン
妊娠&ウンコネタで凄まじい抗議を受けました。
神聖なる妊娠を下品なネタにするなと、びっくりするくらい怒られました。
反省してます。
だから今回は、妊娠の原因となっている御満子について真面目にお話ししたいと思います。

デジタル大辞泉によりますと、おまんことは「女性性器の俗称。また、俗に性交すること。おめこ」と書いてあります。

おまんこ。
なんという卑猥な言葉なのでしょう。
しかしこの言葉は、卑猥な反面、センスを必要とする実に繊細極まりない文学的用語でありまして、非常に奥の深い、且つ、偉大なる言葉なのです。

つまりこの卑猥な言葉を文学的用語に変えるには、その背景が必要とされるのです。
ただフツーに「おまんこ」だけでは、何の感動も与えてくれないのです。

例えば、エロ本の中に書かれている「おまんこ」という言葉。
これは単なる卑猥用語です。なんの感動も伝わって来ません。

しかし、この「おまんこ」という言葉。
大手一流企業の重役を父に持ち、一方の母は京都の公家の血を引き、でもって真っ白なおウチには大きな窓と小さな窓と部屋には古い暖炉なんかがあったりして、そんな屋敷で赤いバラと白いパンジーに囲まれながら血統書付きの小犬と戯れる現役東大女子大生がですよ、新大久保の、割れた窓と「ホステス募集」なんて張り紙がしてある窓と部屋には古い台帳が転がってる、そんな連れ込み宿で、古畳に転がる丸めたティッシュとビロビロになった使用済みコンドームに囲まれながら、ドヤの香り漂う煎餅布団の中で、ハンチクな刺青入れたチンピラにガンガンと腰を突かれながら「おまんこぉ、気持ちいい~!」なんて叫んでごらんなさい、これはもう、まさしく
「ブンガク!」
としか言いようのない用語じゃありませんか。


更に言えば、例えば、ある殺人事件で刑事が聞き込みをしていたとしましょう。

線路脇のオンボロアパートの2階。
刑事がドンドンドン!とノックすると「なによこんな朝っぱらから…」と眠そうな顔したシミーズ姿の女がドアから顔を出します。
明らかにトルコ嬢です。
薄いゴールドのシミーズから透けて見える干しぶどうのような乳首。もしかしたらその乳首はフィギアなのではないだろうか?と疑ってしまいそうな、そんな大きな乳首です。
そんなダラシナイ風俗嬢が、刑事から「昨夜の12時頃は何をしてましたか?」とアリバイを聞かれ、寝癖のパーマ頭をモサモサと掻きながら「あん?オマンコに決まってるじゃない」と、ダメな桃井かおり風に言ったとしても、今時、そのくらいでは童貞包茎の中学生だって反応しません。
そんなモノに亀頭をズキーン!と反応させるのは、熱血刑事役の森田健作くらいでしょう。

しかしながらこれが状況が変わったらどうなるか?

小さな一戸建て。レンガ作りの小さな門の脇には、子供の「砂遊び道具」が無造作に転がっています。
そんな一戸建てに刑事が足音を響かせると、小庭で、小さな子供と一緒にカーデニングを楽しんでいた奥さん(28才)が、小さな小顔に大きな瞳を輝かせながら「なにか?」と刑事達を見ました。
白いTシャツにピタピタのチノパンを履いたポニーテールの奥さんは、全体的にアイボリー色を輝かせ、小柄ながらに妙に乳がプルプルしております。
そんな奥さんに刑事は「昨夜の12時頃は何をしてましたか?」と尋問します。
奥さんは、薄いピンクのリップクリームが輝くプルプルの唇に軽く指をあてながら、「どうしてですか?」と一瞬眉を顰めます。
すると子供がゴールデンレトリバーと戯れ始めました。そんな子供に、奥さんは「ゆいちゃん、おウチに入ってなさい」と優しく囁きます。
この奥さんは、言葉の最初に「お」を付けるのがお好きなようで、紅茶の事を「お紅茶」といい、ネギの事を「おねぎ」と言います。
刑事は、そんな上品でウブな奥さんを「こいつは絶対に白だな」と思いながらも、一応、職務として「実は昨夜、この先の郵便局の裏で殺人事件がありまして」と告げます。
奥さんは、一瞬びっくりしながらも、大きな目玉をゆっくりと空に向けながら、「昨日の12時頃は・・・」と考え始めます。
奥さんのムチムチのチノパンにはパンティーラインがクッキリと浮かび上がり、しかも股間は「どうして?」と思うくらい食込んでおります。
縦割れクッキリです。
そんな奥さんのクッキリ!に慌てて刑事が目を反らすと、奥さんは何かを思い出したかのように「あっ」と小さく叫びました。
そして刑事の顔を覗き込むと、少し小声になりながら「昨日の12時頃は主人とオマンコしてました」と、フツーに囁いたのです。

・・・・どげんですか池畑さん。
堪らんこつあるとでしょ。
こげんいやらしか言葉には、ばってん、さすがのベテラン刑事坂上二郎も、汗を吹き拭き、飛びます飛びますですばい。

シャネル好きでメンソールの細いタバコをスパスパと吹かす、気怠いシミーズのトルコ嬢がいう「おまんこ」と、自然食品が好きでガーデニングが好きな、やたらと小指の小さな新妻がいう「おまんこ」では、そもそもその言葉の意味が違って来ているのです。
風俗嬢のいうオマンコは哀愁ですが、しかし、新妻の言うオマンコは文学なのです!そして官能なのです!

だからそれがどーしたとか、またしてもそーいう事を言うな病的ババア!オマンコをすれば妊娠するんだ!妊娠すればオリモノも酷い!妊婦のオリモノとフォーリーブスのおりも政夫を一緒にするやつがいるかバカ!おりも政夫に謝れ!ヤツの名を聞いて、一度でも女性のパンツにこびり付く分泌物を想像したヤツは今すぐおりも政夫に謝るんだ!

2093968_convert_20100904123800.jpg
おりも政夫(元フォーリーブスのメンバー)



・・・・・・・・・・・

つまり、「オマンコ」という言葉は、その言葉を言う人によって変わり、又、聞く人によっても変わるのです。

珍しい言葉です。

「携帯電話」という言葉は誰が言っても誰が聞いても「携帯電話」です。
「腕立て伏せ」という言葉も、誰が言おうが誰が聞こうが「腕立て伏せ」なのです。

しかし「オマンコ」は違います。

その言葉を聞いて、ポッと顔を赤らめる人、又は、「ヤダぁ・・・」と照れる人、はたまた勃起する人や、鼻血をタラっと垂らす人など、様々です。

そして、その言葉を聞いてこんな風に言う人もします。

「不潔だ!」

・・・・・・


毎日5通。合計30通以上のラブレターの中には、「愚」だけでなく「変態小説」の批判まで書かれています。


おい、病的ババア。
はっきり言うとくぞ。
僕は、あんたが言うように、オマンコによってこの世に生を受けた不潔な男だ。
そうだ、あんたが僕に夜な夜な送ってくれた30通以上のラブレターに書いてある、「神聖な妊娠」によって僕はこの世に生まれて来たんだよ。

オマンコは不潔で妊娠は神聖というあんたの考えがわからん。

ならば、ウンコは「御便」と書けばいいのかね?
セックスは「御セックス」と書けば満足ですか?

じゃあ、おりも政夫はどうなる。
ヤツの事はなんと呼べばいいんだ。
排泄物政夫とでも呼べばいいのか!


そんなに「お上品」がお好きかね?
「ウ○コのお話しは、読んでて気分が悪くなりました」って、どーして、ウンコの「ン」の字をわざわざ「○」という伏せ字にする必要があるのでしょう?
ウンコに失礼ぢゃないか!
キミも毎日ウンコ様にお世話になってるはずだ!
それともキミはなにか、便秘かね?
ウンコに恨みでもあると?
キミもキミの名前の一部を伏せ字で書かれたらどー思う!

なになに「妊娠の経験がないだろうからわからないと思うけど、実際に妊婦さんの身になって考えて下さい」だって?
ならばキミはいつも出っ歯の人の事を、その身になって考えていると言うのか?
イボ痔の人の気持ちをその身になって考えていると言うのか?
尿漏れの気持ちを考えているのか!
伏せ字にされたウンコの気持ちなど全然考えていないぢゃないか!
絶壁の悲しさを知っていると言うのか!
ハゲは辛いぞ!不特定多数の皆様の前で自分はハゲているとその身を晒す親父の気持ちをキミはいったいどれだけわかるというんだ!
ガニ股はどうする!
おりも政夫はどうなる!

この世の中に労るべき人は、妊婦さんだけでなく他にも沢山いるんだよ!

・・・・・・・・・・・・

「あなたのブログは不快です。ブログ運営会社に削除のお願いを出します」
・・・・どうぞ、ご勝手に。
ウンコと妊婦の話しごときで削除されるというなら、そんなブログこっちから願い下げです。

僕はそもそも下品な事を書きたいが為にこのブログを運営してます。
僕から下品をとったら何も残りませんから、今更、御上品なブログと言うのは無理です。
ですから、あなたも僕の不快ブログは見ないほうがいいです。
ホルモンバランスが破壊され、大量のおりも政夫が噴き出る危険性があります。

あなたのような御上品でノイローゼな方は、皇室アルバムでも見ながらセンズリこきやがれ!

などとは、決して申しません。
あなたのようなクレーマ・クレーマに見られた日にゃ、ヒロヒトも浮かばれません。
ですからやっぱり皇室アルバムも見ないで下さい。

日曜日の早朝にキリストの話ししてる番組なんかいかがでしょう?
あなたのような病的な悩みを持つ方が沢山出ています。
しかし、それではあまりにもイエスが可哀想だ。だから、やっぱり見ないで下さい。

あ、カラオケ番組は?
ほら、チンチクリンな衣装着た素人のおじさんやおばさんが出てるヤツ。
見たコトない?司会がやたらとパンチパーマで、ミラーボールみたいなジャケット着てるの。
アレなんかいいかも知れませんよ、とっても勘違いした人達がいっぱい登場するから。

ダメ?
これもダメかよ池畑さん・・・・

あ、じゃあ↓コレは?
この動画なら、きっとあなたのその荒んだ心を癒してくれるはずです。



どうです。
とってもおりもの政夫の匂いがプンプンするでしょ。
この、オウムチックで全共闘チックな潔癖性な彼らは、新宿のフーテンや貪欲なヤクザ者やゴーゴー喫茶なんかを妙に毛嫌いします。
路上で寝ているホームレスなんかには、てめーは100円の金も恵んでやらないくせに「行政が悪い!」などとほざき、まったくお門違いにもほどがあります。
売春宿を見つけた日にゃ「赤線反対!女性の人権を守ろう!」などと正義ヅラして叫ぶくせに、テメーはタダマンやらせてます。
でもって、教育熱心です。
なにかというとすぐに「若者たち」を合唱しろと強制し、「口を縦に開きなさい!」などとお節介な指導までしてきます。
そして体育館に「日の丸」を掲げる事には猛反対。
体育館に「日の丸」さえ掲げてなければ、良い子が育つと思い込んでいるのです。
そんな彼らは、貧乏が清い事だと信じています。臭い足の裏を尊いと言うのです。
彼らに言わせれば、金持ちは豚です。ヤリ手の資本主義者は日本をダメにすると言いながら、自分達は浅間山荘で人質取って立て籠りながら散弾銃をぶっ放しては日本をダメにします。
シャンプーは絶対にエメロンです。リンスは使いません。
石鹸は誰が何と言おうとミューズです。
牛乳石鹸を使うと堕落すると思っているのです。
そして何かと屁理屈をつけたがります。
そのくせ、他人の屁理屈には「ナンセンスだ!」と拳を振り上げ、その周りにいる中途半端なロン毛青年達に同意を求めては「異議ナシ!」と叫ばせたりします。
いささか強引です。
その「異議ナシ!」は絶対的な力を持っており、それに逆らおうものならたちまちリンチです。
ゲバ棒で頭を割られ、信濃の山奥に埋められてしまいます。
民主主義もなにもあったものではありません。
軍国主義を毛嫌いしながらも自分達は東条英機よりも悲惨な事を平気でするのです。
そんな彼らは、電車では必ず妊婦に席を譲ります。
彼らは妊婦を神々しい者として見ていますから、席を譲るくらい当たり前なのです。
なのに、セックスには露骨にイヤな顔をして目を背けます。
妊娠はセックスにより成り立っていると言う事実に目を背けるのです。
というか、彼らはその行為に目を背けるのではなく、その言葉が気に入らないのです。
そのセックスやオマンコという言葉が、彼らという綺麗好きなコンセプトの中には馴染まないのです。
ですから彼らはセックスの事を

「愛し合う」

と、言うのです。
愛し合う。実にさだまさしが好きそうな言葉です。
愛し合うの中に、フェラやクンニは含まれているのか?と聞いてはいけません。
聞けばたちまちリンチです。
「総括せよ!」などと怒鳴られながら簀巻きにされて、大菩薩峠の深い谷底に生きたまま捨てられます。
もしくは「ポアせよ!」などと怒鳴られながら、生きたままドラム缶の中に押し込められ、ガソリンぶっかけられて燃やされます。
はたまた「ブログ運営会社に削除のお願いを出しますよ!」などと脅されたりします。
ですから、フェラやクンニなどと言う言葉は口が裂けても言ってはいけません。
それを言うなら「互いの大切な部分を舌で愛し合う」と表現しなければならないのです。
それが彼らの言う「人生すばらしきドラマ」なのでございます。



しかし・・・・
またしてもこんな事を長々と書いていると、その倍、いやその10倍のラブレターが届きます。
いえ、全然イヤじゃありません。
そりゃあ、時々、「アホか」と、読まずにポアする時もありますが、しかし、ほとんどのメールには目を通すように心掛けています。

この人は、僕にどうしろと言うのでしょう?

その答えが見つかるまで、僕は「愛し合う」ことを、堂々と「オマンコ」と書かせて頂きます。



この度は、沢山の励ましメールをありがとうございました。
こんなに多くの人が僕のウンコ話に賛同してくれていたなんて驚きました。
これからもガンガンとオゲレツなネタでぶっ飛ばして行きたいと思っていますので、どうか皆様宜しくお願いします。

尚、もうしばらくの間、コメント欄は閉鎖しておきます。
このブログには、過激思想の方が大勢いらっしゃいますから、綺麗好き思想の病的オバさんとバトルになったら大変だからです。
そうなると、せっかくの病的オバさんが盗られてしまうからです!
僕にとって、病的オバさんとは、乾いた砂漠のオアシスです。
ウンコネタさえも尽きて来た今日この頃、病的オバさんは僕の大切な餌なのです。
ですから、過激ブロガーの皆様、そして、骨太な読者の皆様、当分の間、コメント欄を閉鎖しますので皆様と楽しいお喋りができなくなりますが、どうか僕を忘れないで下さいね。

では、病的オバさん、この記事についての猛攻撃、待ってます(◞≼◎≽◟◞౪◟◞≼◎≽◟) <ニヤリ♪

にほんブログ村
↑↓ランキング参加してます!宜しくお願いします!!

狂人のお話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ